しっぽの気持ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 元気でいること

<<   作成日時 : 2013/07/06 01:05   >>

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

毎日蒸し暑い日が続きますね。

画像
母さん、あぢーよぉ〜。と言いたげなこころヾ(- -;)



昨日のお話・・・

ずっと以前から、何度か散歩の時に話しかけられていたので
その犬と飼い主さんの事は知っていました。(1人暮らしの年配の女性)
毎回、話しかけられる言葉は同じで「可愛い犬ねー、いいこねー」でした。(前愛犬のこと)
当時、彼女は犬だけに集中しているので私の存在はあまり気にしていない様子でした。
だから顔を覚えていないのも何となく分かっていました。(今は、連れている犬も違うし)

久しぶり(四年ぶり)に会った彼女は、すっかり老いており散歩も不自由にみえました。
歩道の手すりを握り立ち竦んでいました。
「ボス(犬の名前)お願いだからゆっくり歩いて」と何度も愛犬に話かけていました。
そこには、小型犬が五匹ほど集まっておりボスくんも落ち着かない様子でした。
(遊びたいけど遊べない。気に入らない犬もいたりして落ち着かない。ボスは雑種の大型犬
年齢は11歳位。飼い主より元気)
でも飼い主の必死の訴えにボスくんなりにその言葉に忠実であろうとしているように私には感じられました。
彼女の膝をみるとブルブルと震えていました。散歩はもう限界なんだと思いました。

お節介な私。
散歩の代行を願い出て、結局断られてしまう。
周りに居たワン仲間(?)にも余計なお世話だ・・みたいな雰囲気がありました。
私自身は、ボスくんと飼い主さんは、散歩仲間として認識していましたし
家も知っていましたが飼い主さんからみると全然知らない人なのでした。(覚えてないんだものぉ)
どこの誰とも知らない人に散歩をお願いすることなど出来るはずもないのでした。
頑として拒否の姿勢に、それ以上のことは言えませんでした。
小さな親切大きなお世話ということです。

飼い主さんの言うことを健気に受け止めようとしていたボスくんの表情が忘れられなくて・・・
犬を飼うからには、犬よりも飼い主は絶対に元気でなくてはいけない。シミジミ

体力に自信のない弱ちぃー私・・・
こころが困らないように健康には気をつけないといけないと改めて思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に暑いですね〜
そしてもう梅雨あけですか〜
早いですね!

こころちゃん
とってもかわいいですね

犬は散歩したがりますから
飼い主も体力がないと大変だと感じます。
健康第一ですね。

ボスちゃんと飼い主の方
きっとここ母さんのお心は嬉しかったと思います、
でも飼い主さん
散歩をするのが生きがいなのかもしれませんね。
家の中ばかりで閉じこもってばかりいるより
大好きなワンちゃんと
動ける限り動いていたいかもしれません。
でも ここ母さんみたいに声をかけてくださる人がいて
嬉しいと思っていらっしゃると思います。
世の中捨てたものではないですね。

これから夏本番
熱中症に気をつけて頑張りましょうね!
ふりかけ
2013/07/07 00:08
>ふりかけさん

コメント有難うございます。
今日も暑かったですねー。
最近の夏は、なんだか戦っているような気分です。
負けないように自己管理をしないとですね。

前回の里親募集の黒パグちゃんの飼い主さんは
年齢は訊いていませんが、多分30代前後の方だと思います。
若くても悲劇は起こります。
せめて気を付けられる事は努力しないとですね。

ふりかけさんが言っている様にボスくんの飼い主さんにも
理由があるかもしれませんね。
生きがいを邪魔してはいけないかもしれません。
ただ、あの脚の震えは大変なことだと思います。
無理をしないで欲しいです。
出来るだけボスくんと歩けるように体調を考えて
散歩してくれたらと思います。
誰か身内の方でもいればいいのですが・・・
あの時に一緒にいた人たちの中に誰か相談にのって
あげる人がいることを願っています。

ふりかけさんも、夏バテに気をつけてくださいね。
ここ母
2013/07/08 01:39
再投ごめんなさい
本当に戦っているような暑さですね〜

パグちゃん
よかったですね。
幸せな第二の人生になってほしいですね。
元の飼い主さんとの別れは辛かったと思います。
飼い主さんも辛いですよね。
辛い思いをした分も幸せになってほしいと思います。

ボスくんの飼い主さんも脚大変そうですね
ボスくんとボスくんの飼い主さんも
どうか幸せでいてくれるように願います。
ここ母さんの優しい心
届けばいいなと思います。

ここ母さんも夏バテにお気をつけてくださいね〜

ふりかけ
2013/07/08 05:55
考えさせられる記事でした。

パグちゃん、よかったです!
sippo
2013/07/08 23:28
>ふりかけさん

再投、大歓迎です^^/  有難うございます。
毎日同じ言葉ですが今日も暑かったですねー。
勝沼は38.6度だったそうです。
明日も暑さは続きそうですね。
熱中症にはワン共々気を付けないとですね。

パグちゃん・・きっと幸せになれますよ。
ふりかけさんや、みんなの願いが届きますように・・・
そしてボスくんにも・・・
(なんだか切ないです。難しい問題ですね)
ここ母
2013/07/09 00:28
>sippoさん

有難うございます。
本当に難しいですね、人それぞれの考えがありますからね。

パグちゃん、慣れるまで大変だと思うけど
素直で明るいパグちゃんだから新しい飼い主さんも
そしてパクちゃん自信も絶対に幸せになれますね
ここ母
2013/07/09 00:29
なんだか将来の自分の姿を見るようで胸が痛みます。。
何才くらいの方なのでしょう。。大型犬なんですね。
あと、9年後には、う〜ちゃん、15才。。
私。。。ウン才・・・
今でもよわっちいのに。。どうなっているんだろう、と
思います。多分、夫は元気でいると思うので(両親、長生き)
でも鍛えておかないとね!
顔を見覚えていない方っていますよね〜。。それにワンコが
違うとちょっとわからない時あります(自分も)。
まず、ワンコで認識する、ってありますもんね。
でも、ここ母さんは、やさしいですね〜〜。。
う〜ちゃん、来たての時は自信がなくて、若い
元気なお兄ちゃんの知り合いでもいればな〜、、と
思いました。でもよっぽど慣れた人でないと
託すのも心配なんですけどね。。

その方も、ここ母さんを認識していたら、また違った
かもしれないけど。。
ワンを飼っていた友人が行ってくれた時があったけど、
やっぱり心配でした。う〜ちゃんの癖やワンコへの反応
など。。わかっていないし。。また友人が引っ張られて
ケガするのも心配だし。。いろいろと不安な心境でした。
家に戻ってきた時は、ホッとしましたもん。
小型犬だと、まだ何となく安心な気がするけど。。

パグちゃんの件、いろいろありがとうございます。
早く家族の一員になって馴染んでくれるといいです。
コメント、長くなりました。
tomu
2013/07/10 06:42
追伸
その方。。。どなたか散歩して下さる方がいたらいいですね。。
ご家族か知り合いで。。ころんで骨折でもしたら大変ですね。。
よく後遺症で少し不自由な方が杖をついて
小さいワンコと散歩されていますが。。。
ちゃんと飼い主さんを見ていて、とってもいい子なんですよね。
えらいなー。。といつもほほえましく見ています。
リハビリ兼ねてワンコと触れ合いながら張り合いにもなって。。
でもその方はあきらかに不安そうで自信がないのですね。。
目にしたら、きっと私も気になって仕方ないと思います。
声をかけた行為はとてもいい事だったと思います。

元気でいたくても、将来どうなっているかわからないし・・
自分の足が衰えて散歩に連れて行けなくなったら(夫もいなくて)・・
やっぱりお散歩代行さんに頼むしかないのかな。。

その方もワンコも幸せていてほしいですね。。。
いろいろ考えさせられます。。



tomu
2013/07/10 17:07
>tomuさん

コメント返し遅くなってごめんなさい。
そして、丁寧なコメント有難うございます。
飼い主の方の年齢は分かりませんが
初めて会った時は70代に見えました。(約10年前)
会うことはあまりなかったけれど、会うたびに
初めて会ったように接してくる方でした。
つまり私を覚えていない訳です(笑
現在は80才前後に見えます。
脚が悪いので余計に高齢な感じを受けます。
tomuさんは、まだまだ若いから大丈夫ですよ。
それにご主人もいますから。
でも、健康には気をつけるのは大事ですよね。
私も、体力がないので自分のためでなく
今は犬の為にガンバロウと思っています(笑

tomuさんが言うように犬の癖や性格もありますから
人に任せるのは難しいですよね。
その方も「私じゃないとこの犬はダメなんです」と
言っていました。
ボスは昔から凶暴ではなく人に友好的なワンでしたから
私には、その言葉は信じられませんでした。
でも、やはり飼い主が1番それは分かっていることなので
私の判断は正しいとは言えないと思いました。
断られた後に、散歩友達に会ったので、そのことを相談しました。
すると「ボスに思い入れが強いので人には任せないと思う」と言われました。
昔は(ボスが若い頃)突然のダッシュをして引きずられて
ブラウスがボロボロになっていた姿も見たことがあるそうです。
今は、ボスも落着いて飼い主さんに歩調を合わせられる
とっても賢いワンになっています。
でも・・・犬は突然何かに反応してしまうところがありますよね
それが心配ですね。
ここ母
2013/07/12 00:07
>tomuさん(続きです)

飼い主さんが今の状態に不安を持っているかどうかは分かりません。
あの拒否の様子だと廻りの心配をよそに意外に自信があるのかもしれません。
(これはある意味、高齢な人の特徴かとも思います。いつまでも若いつもり
自分は大丈夫なんだと思う気持ち)

いろいろと心配ですが、今は見守るしかないのかなと思います。
また、見かけるようなことがあったら話掛けてみますね。

本当に難しい問題です・・・
ここ母
2013/07/12 00:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
元気でいること しっぽの気持ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる